読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

warauba-ba2

ブログの二日目  どうやって次の文を書くのかさえ分からなかったけれど、なんとかここまでたどり着きました。やれやれ。 今日のテーマは大阪の森千波さんのおばあちゃまの話。 94歳になられた渡久地恵美子さんはお孫さんのデザイナー森千波さんの作品のなんとファッションモデルをなさっています。 その愛らしい笑顔が世界中の人たちを魅了しているそうです。 たまたまテレビで知ったので、ついでといっては失礼ながら沙織織というものを調べてみました。1969年 城みさ さんがたまたま織布の織り邑を見て、「キズはキズでなく織手の個性」と発想の転換をしたのが始まりなのだとか。 現在98歳いまだ現役でご活躍とのこと。 そのお教室にかかげられた三つのスローガンがとてもよい。

その一  機械のまねをしない。(主体は人間)

その二  思い切って冒険

その三  キラッと輝く目をもとう。

 

これって約半世紀も前にいわれたことなんですよね。

こうして今日も私は年齢の枷に背をむけて笑い飛ばすことにしました。

笑うばーば万歳!

はじめに。

やりました! 75歳! 後期高齢者!  私だってまだブログ位やりますよ。

なにしろ高齢者とは75歳以上をいうとレッテルをはられてから、腹をたててます。

なんでレッテル貼る? 15歳の年寄りもいれば100歳の若者がいたっていいじゃないですか!

連日のテレビや新聞を読む限り勝手なことばかり言っているから、つい年も忘れて腹をたてるのです。 

ほらほらもう年に振り回されてるでしょう?

これほとんどマスコミによる病気。

政治家みたって後期高齢者多いでしょう? 天下りの誰かさん達だって同じ。

私達戦争を生き抜いた強者です。 

しかももう怖いものなし。 元気そのもの。

それなのに高齢者の発言場所が少ないのはいかがなものでしょう?

人口の4分の1が高齢者の日本なのになぜ若者に迎合しなくてはいけないのか?

なにも対抗しようというのではないけれど私達だって立派にこの国を支えてきた戦士なのですから。

ひとそれぞれの意見は必要でしょう。 最近目にするのはいきなりきれる高齢者が男性に多いということです。 あれ、普段から言いたいことをいえなくて相当不満がたまっているのではないですか? 家でも奥様に叱られ子供に無視されやりばのない我慢をつい外で発散させるのかも。 ひがまないで皆で本当の大人になりましょうよ。

犬の散歩しながらこれまで自分が家族にどう対応してきたのか?とか死ぬまでに妻に本音をいうチャンスをみつけられるだろうか?とかまあそんなことを考えるのもよいかも。

一億総携帯の網をくぐって人間性回復の道を再生できるのはもしかして携帯を知らなかった私達の役目かも。

これから毎日の出来事にマスコミに迎合することなく「何でかな?」という素朴な疑問をぶつけてきたいと思っています。